2009年05月18日

庭の図面作成・携帯電話・庭造り、庭の解体の打ち合わせ 岐阜県羽島市 庭石・造園屋の和風、モダン庭

気づかないうちに、仕事がつまりつつある。



6月の梅雨や助っ人仕事なども考えると・・・・・・・



ちょっとお待たせしてもらわなくてはならないかも。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



土曜は、一日雨。



うちの妹の北方町の友達が駐車場を考えているということで、見積もりをだしたら、どうやら、お庭の方も作りたいようで、そちらの提案もするようにと連絡が入り、気合はいりまくりました。



いろいろと条件がありますが、それらをクリアしつつ、デザイン的にもクオリティの高いものを作らなくては。



さあ、どんなデザインにするかな



午後から、通信会社の営業がやってきて、解約手数料や機種代金ははこちらで持つからsoftbankに変えてくれということ。



よく話を聞くと、解約手数料分と機種代金分の通信費を2ヶ月タダにするとで相殺という形みたい。



とくに問題なかったし、何よりもiphoneほしかったので、この際だからということで、乗り換えましtた。



もう一台、着信専用の携帯もget。これは、いろんな媒体でオープンにする番号にします。



夜、大垣のお客さんからの連絡で、先週提出した見積りとパースを検討したので、明日来て、庭について打ち合わせしたいとのこ。





日曜、9時にお伺いして、お客さんからの要望をお聞きして、その場で契約

30分ほどのあっけない打ち合わせでした。



「あとは、お任せしましたので、いい庭つくってください」



と、気合の入るお言葉を頂ました。





そして、今日。



北方町の庭と、紙西郷の庭のプランを練ります。



途中、庭の解体お問い合わせを頂き、昼からお伺いするということになりました。



その間、弟は、畑造り。



田んぼの土に、バークと砂をかき混ぜます。















さて、昼過ぎにお伺いすると、木はもうすでに切ってありましたが、庭石がごろりと点在していました。



一番大きいので、3t弱










ちょっと、雑談していると、もう一箇所家があって、そこの木が、ぼさぼさで、なんとかしてほしいという話になり、ついでにそちらもお見積もりすることになりました。



つくと、、それはもう立派な雑木の庭で、モミジ、エゴ、ダイスギ、ヤマボウシ、シャラなどが多い茂って、延べ段も門から玄関までは真、庭の中へは行のつくりになっていました。








奥に行くと、茶室があり、露地が造られていました。

飛び石は鞍馬石で、犬走りはタタキでつくられて、塵もつくられているという本格的な茶庭です。



すばらしい、岐阜ではそうはお目にかからない庭ですが、ご主人は、ちょっと伸びすぎてうっとうしいと感じているらしく、ばさっと短くしてくれということでした。



帰りがけ、庭職人Kさんの所へ行って、今の現場の写真を見せて打ち合わせ。



そして、庭の解体現場に、ブロック積まれたガレージがあるのですが、それも解体してほしいということでしたので、もう一軒、解体屋のツレのところへ行き、打ち合わせ。



今日はあちこちと動いたわ。





こちらをクリックしてもらえるとうれしいです。↓



にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ









更新しました!!hirokunの作庭写真、今回は「各務ヶ原の庭 」

http://www.niwaishi.co.jp/Site0004/





今日の日記は 「新たま」

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4307715


mixi(ミクシィ)やってます!




岐阜の地元ねたを紹介 今回は 「こんにちは:イタリアの国際陶芸展でグランプリ受賞・加藤智也さん /岐阜」

http://ibistone.gifulog.com/




子育てパパの(たいしたことのない)奮闘記 今回は「落書き」


http://hirokun.gifulog.com/




「かっこよく写真を撮ってみた」は「雑木林のよう」 http://hirokun-photo.blogspot.com/




かっこいいデザインを追い求めては「Zwilling ツインフィン ペティナイフ 130mm」
http://blog.livedoor.jp/untisocial/




今日の雑感は「「親としては、う?ん  ーWii、DS好調の任天堂が売上高、純利益など過去最高ー」 http://blog.goo.ne.jp/untisocial/






私の会社のサイトはこちら!!!



日本で数少ない庭と庭石の専門工房













こんなサービスをあなたのために捧げます
まずは、玄関からのアプローチを考えてみよう

坪庭のススメ
小さなことから

こつこつと
チャレンジしてみよう! これからの主流?です





at 23:49│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索